気侭に
日ごろ考えている事、想った事などを気侭に書いて行こうかなと思います
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
衆議院第二議員会館へ
ぶっちゃけややこしいので
興味の無い方は飛ばしていただいて結構です


人権擁護法案の件でI議員事務所に質問メールと電話をいくつか送っていたら
変な答えしやがったらおまえらの名前出して2chに公表するけど良いよな?政治のプロだろ?問題ないよな?という感じだったんですが
直接事務所に着て議論・意見交換をしないか?と言われたので

国会衆議院第二議員会館のI議員事務所へ行ってきました。
ちなみに杉村泰蔵事務所にも何度も電話したけどばっくれてました。


この法案に関して、もし可決され、執行された場合
色々な危険性、それもただの危険性では無く、国家を揺るがすほどの危険性だと俺個人は解釈していた


この度公明党、I議員事務所に実際に突撃してみて、文字で色々な事を想像してみるのと、実際に話しを聞いて想像してみるのではかなりのギャップを感じた。


I事務所秘書の解釈はこうだ

たしかに色々言われている危険性はある
だが、それを行ったらどうなるか、この法案を可決させた人間たちが国民全員に叩かれる事になる、民主国家なそんな馬鹿な真似をすれば、あっという間に身を滅ぼす結果となる
そんな事をわざわざするわけが無い

この法案に関しては、先日裁判沙汰になり新聞でも取り沙汰された「侮辱罪」のような、ネットでかなりの数が横行しているようなに対しても常識の範囲内で発動する法律を考えて欲しい

ネット上での侮辱行為は数え切れないほどあるが
発動されるのは常識の範囲内で考えられ、侮辱罪が適用された例はほとんど無い、ネット上の侮辱行為全てにこの侮辱罪を発動させたら大変な事になる


それと同じように常識の範囲外でこの人権法案を発動させれば、それはすなわち可決させた人々の身を滅ぼす結果となる事は目に見えている
そんな馬鹿な無茶をするはずが無い



侮辱罪というのは公然の場で他人を侮辱すると適用される法律で、確か一年以下の懲役、または科料、という罰則が待っている。

ネットでは特に他人を侮辱するという機会は多いが
ほとんどこの法律が発動された事は無く、発動されたら新聞の記事になるほど稀なケースだ

だがネット上というのは公共性が強く、当然公然の場となり
罰される対象になる


俺は自分の想像していた危険性に対する疑問を当ててみたが
「そんなのは小中学生が想像する馬鹿らしい妄想だ」

と言われた。

正直、馬鹿にされたような扱い、物言いだった。



ところがこの侮辱罪というのは悪用がし難いものである
悪くて1年以下の懲役か、または科料(でしたっけ?)

人権法案は懲罰に加えて「人権侵害者、差別者」という汚名を世間に公表され、家宅捜査までされ、もし冤罪だったとしても「ごめんなさい、間違いでした」とは発表されない

侮辱罪と人権法案では違いが有りすぎる

侮辱されたくらいでいちいち告発や告訴をする奴は、よほどの酷い事例でなければ、やはりちょっとどうかと思う
過敏に何でもかんでも「訴えてやる!」と騒ぎ立てる人というのは、一時期話題になった騒音おばさんのように、人格を疑われる事にも成りかねない



つまり、侮辱罪が発動しないのは
侮辱罪が今まで発動された事がほとんど無いのは
日本国民が常識的だから、ちょっとの事で訴えないというだけだろう


人権法案は悪用ができるから
その分訴える人間が多く、発動される機会は多いだろうと推測できる


人権法案と侮辱罪を一緒に考えられては困る



反対派の率先議員、城内議員などは同じような解釈をしている人もいるのだけどな
治安維持法だって当初は100%国民のためという法律であっただろう

だがあの結果だ




I議員事務所の見解は


人権擁護というのは被害者が居る限り必要だ
今現在は法案の差別という定義の曖昧さが目立つ

ただ、我々の立場はそういう悪用される危険性、つまり次回提出される法案の内容によって、その法案を推進するか、反対するかを決める


というような有り難い返事を頂いた。


人権法案の内容だ?
そんなもん廃案になっても何度先送りになっても中身を変えないでいかに通すかしか考えてないだろ!
と言いたかったのですが。。。

廃案になっても先送りになっても、奴らは中身を変えないんです。
法案の中身を変えず、人事でどうにか通そうとしているわけです。


反対派の議員たちはそういった悪用されかねない微々たる可能性を懸念しているわけで
そういう悪意に満ちた使い方をされる可能性は0とは言えず、あるのだから「そんな事は無い」と言いつつそれを行う可能性だって否定は仕切れない

もし可決されて、この法案を悪用される事が絶対に一件も無い
とは言えないだろう


という事で反対している


結果的に


可能性はある、この条文はそういう風に解釈もできる
人権委員に関しても権力は強すぎるかもしれない
皆さんが恐れているような権力の使い方は、条文の解釈ではできるかもしれない
だけど、常識的に考えて
おまえそんな事があると思うか?
馬鹿じゃないか?
右翼系の人間に先導され拡大解釈されているという事も考えて欲しい

という意見を頂いたわけであります



例えばジェンダー、例えば創価、例えば同和団体

日本には3ソウと呼ばれる政治的圧力団体があります。
創価、朝鮮総連などなどです。
この法案は、そういう団体の影響が及んでいると推測するのは簡単で
この法案で組織される、物凄く強い権力を持った人権委員という立場を
その圧力団体が狙っているわけです。

日本に2万人配置される人権委員
その立場を確保できれば、圧力団体は商行為や実生活で「人権侵害」という盾を持って周囲に威圧できるわけです。
ちょっとでも腹の立つの事を言われれば、ちょっとでも納得の行かない事をされれば、たちまち自分の団体の人権委員に訴えて、「人権侵害容疑者」の汚名を着せて世間に公表し、家宅捜査まで出切る


というものです。


社名は忘れたけど、そういう疑いをかけられて倒産した会社も実際にあるそうです。
「おまえ変に断ってみろ、人権侵害で訴えるぞ」
という事が会社間の商行為ではびこるわけですから
賄賂も会社間、民間問わず横行する事になります。



できるだけわかり易く書きたいため
現在俺は酔ってるので恐らく追加して書き足すと思います




ちなみに、俺が以前解説したこの法案に守られる事となる「信条」つまり僕は宗教だと解釈したわけだが
宗教がこの法案に守られるかどうかは、うま~く
すごくうま~~~~く、流されました

宗教?入るのかな~?僕ちゃんわからないな~?


という感じでした

わからないわけないだろ


つまり
公明党の I議員秘書は

「そういう馬鹿な真似は可能かもしれない、だけどそれをしたら大変な事になる、そんな事をするはずが無い」

という解釈だ





国の権力というのは3大権力

3権分立で成り立ち、お互いの暴走を止めている

立法→司法→行政→立法

確かこうだったよね?違うっけ?



というじゃんけんと同じ図式でお互いをけん制、お互いが暴走しないように見張っているわけである

人権委員に関してはこの図式の外に存在する事になる


果たしてこの権力が常識というあやふやなもので抑制ができるのだろうか




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
初めまして
vipの人権法案反対スレからきました。
まずは直接の話し合いお疲れ様でした。
常識という言葉がよく出てきますが、その常識というのは人によって考えが違うものです。
だからこの議員さんが考える常識がどんなものか分からない限り安心できません。
全体的に見て、かなりオブラートで包んだような話ですね。
やはりこの法案には裏があるんじゃないかと思いました。
2006/02/28(火) 21:23:16 | URL | #GCA3nAmE[ 編集]
おつかれさまでした
本当におつかれさまでした。
また、議員の所に単身乗り込んでいった勇気に
敬意を払います。

さて、僕は「侮辱罪」うんぬんについては
井上事務所秘書とは別の考えをしています。
あくまで僕なりの解釈なので、
「こういう意見もあるんだ」と思って聞いてくだされば幸いです。

すなわち、ネットでの発言に、侮辱罪の適用が少ないのは
ハンドルネームに対しての侮辱に対して
侮辱罪や名誉毀損罪の適用がされないという判例(ニフティー判決(東京 地裁H6(ワ)7784号事件))があるためです。
この判例の適用が、
対象が「人」である侮辱罪と、
対象が「者」である人権擁護法案では違ってくると思うのです…。

あと、「信条」は僕はどちらと言うと政治思想的なものを指しているのかと思っていましたが、
井上義久議員秘書の発言を聞くと、
やはり「宗教」を想定している恐れが…。
あわわ、おそろしや…。
2006/03/01(水) 00:01:04 | URL | tomieee #-[ 編集]
はじめまして。

リアル凸お疲れさまでした。
当エントリーを参考にさせていただき、当方のブログで引用させていただきましたので、よろしければご一読の程、よろしくお願い申し上げます。
2006/03/06(月) 22:51:36 | URL | ケロヨンmk2 #v7EyrjTI[ 編集]
   お知らせです

平沼赳夫先生へのお見舞いの千羽鶴をとどけよう!第一回みんなで千羽鶴を折る会》
が開催されます (・∀・)
主催 人権擁護法案に反対する市民の会
http://blog.goo.ne.jp/jinken110/e/725a1ab58be35bf31eafcef9c3fb5e38

日時 2月3日(土)  13:00~17:00
会場 千代田区立千代田パークサイドプラザ
http://www.the-peanuts.com/map01.htm
電話・・・03-3864-8931
部屋・・・7階 集会室B(和室・桜)
参加費 無料。
※折り紙、短冊、筆記用具は会で用意しますが、持込み自由です。

鶴を折る紙の寸法、短冊の寸法は下記の通りです。
折り紙は 7.5cm×7.5cm
短冊は  7.5cm×4cm
※短冊は吊るすために上部中央に穴をあけますので、自分でつくられるときは
上は少し空間をあけて書いてください。

三日の日に参加できないが、千羽鶴を届けたいという方は
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
上記の寸法でつくっていただき、下記へお送りください。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
〒152-0001
目黒区中央町一丁目14-11-303人権擁護法案に反対する市民の会事務局 
2007/02/01(木) 18:01:01 | URL | ポータル ◆.K5wtd0yKU #MRloXf/c[ 編集]
面皰と太ももダイエット
コメドとは、ニキビの初期症状のことで毛穴が角栓で詰まりそこに皮脂がたまった状態をいいます http://tatakaisenshi.consultsmartz.com/
2008/10/31(金) 06:22:12 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
公明党の某議員事務所へ 出向いて意見を伝えた気侭にさんのレポート
2006/02/28(火) 18:24:32) | 人権擁護法案ポータルBlog
人権擁護法案について、実際に公明党議員秘書のところに出向き、秘書の方と人権擁護法案に関する議論をされた気侭にさんのレポート。衆議院第二議員会館へ(引用ここから)人権擁護法案の件で井上議員事務所に質問メールをいくつか送っていたら直接事務所に着て議論・意見..
2006/03/06(月) 22:48:40) | 天誅!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。