気侭に
日ごろ考えている事、想った事などを気侭に書いて行こうかなと思います
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
育児
高学歴=幸福では無い
高学歴=幸福であれば、もっとも学校や大学の勉強ができる者を頂点に
成績の順に幸福という事になる
低学歴でも幸福な人間は世界中に多く居る

高収入=幸福でも無い
高収入=幸福であれば、もっとも収入の多い人間を頂点に、収入の多い順に幸福だという事になる
低収入でもそこそこの生活で満足している人間は世界中に多くいる

持っていない者が貧しいわけでは無く、常にもっと求める者が貧しいと言える

自分より酷い生活をしていても満足している者もいる
自分より遥かに良い暮らしをしていても自分を不幸だと思い込んでいる者も居る





以上の事を考えて、幸福とは心が決めるものだという事が言える




愚か者は幸福がどこか遠いところにあると思い込んでいる
利口者は幸福を足元に育てる

-ジェームズオッペンハイム





今の自分の生活でも充分に、有る程度の幸福を確保できている事を自覚して
今確保出来ている幸福を大事にしようと思う人が、真の幸福に一番近い者だと言える

勉強をさせるよりも、心を大事に育てた方が、子供は将来幸せになれる
いくら高学歴でも、いくら高収入でも、家庭が荒み切っていたらその人は幸福とは言えない
いくら低学歴でも、いくら低収入でも、暖かい家庭を確保できていば、ある程度の幸福は確保できている

暖かい思いやりのある良い家庭を築けるかどうかは
学歴や経歴や収入よりも心や人格、性格が問題であるから

子供を幸福にしたいのなら
心を大事に育てるべきで、幸福に直結しない勉学は読み書きと算数程度を教えれば間に合う

算数程度を教えれば、専門的な事をしなければ生活に関わる計算には困らない
読み書きが出来れば、その時必要な勉強をする事は充分に可能である
将来必要と感じれば、子供はその時、自ら進んで勉強するようになるのだから
今、大事な心の教育をあえてしないで、無理やり学校の勉強させる必要は無い

子供が勉強をやりたがれば、その親は子供に対して勉強を好きにさせるよう促す事に成功した事になる

「勉強しなさい!」と叱りつけて親の思うように子供が勉強をするのであれば
こんな簡単な問題で困る親はこの世に存在しないだろう、これは単純に子供が勉強嫌いになるように仕向けているだけである

子供は水のようなもので、好奇心の向く方向、楽しそうだと思う方向に流れていく
そもそも子供は親の話す言葉を知りたくて、自分も話に入れて欲しくて、言葉を覚え切ってしまうほど知的好奇心が旺盛なのだから

「勉強は嫌な物、つまらない物」という世間一般のおかしな偏見や「勉強しなさい!」と無理やりやらせるような行為をしないで、親が子供に勉強を好きになるように仕向ければ、放置してもゲームをするのと同じくらい勉強に熱中するはずである


ただ、勉強は嫌な物という先入観や、勉強ばかりするのはがり勉、という弱弱しい格好の悪いイメージがこの世間ではどうしてもあるので、それを取り払って子供に勉強を楽しませるよう仕向けるのは至難の業だが、親の腕の見せ所でもあると思う




この子供の好奇心の水のような流れを親が無理やり押さえ込もうとすると
のびのび育つ事ができず、性格に悪影響すると推測する事ができる
子供は本来素直なものだがこういった場面で格差が生じてくる

親が認めてあげれば子供は自信を持ち、親が否定すれば子供は間違っていると感じ、自信を無くす

子供を過剰に認めてあげる事を日常的に繰り返せば自信過剰に成り得る
子供を過剰に否定する事を日常的に繰り返せば、子供は日常的に自信を無くし、否定される事を恐れ自発的な行動をし難くなるだろう

幼年期までは、子供から見た親というのは、他の誰の言葉よりも親の言葉を信じるという、絶対の存在なのだから、親の責任は大きい
子供は、正しい事をしても、親に叱られたり否定されると自分は悪い事をしたのだ、間違っていたのだと思い込む


勉強に関して、学校に任せていれば安心、塾に行かせていれば安心
と思っている親はとても本気だとは言えない
金を払えば子供は勉強するようになる、と信じているのと大差が無い


脳の構造を考えると、子供が自発的にか、親から強制的にか、というのが勉強だけでは無くスポーツや趣味に関しても身に入るかどうかに関して重要な問題である

親が子供に対して自発的に勉強するよう促す事ができないなら
基本的な学力を覚えさせて置き、将来必要と感じ、子供が自発的に学びだすまで待った方が効率的である

将来、法律家になりたいと思えばほっといても法律を勉強し出すし
将来、○○になりたいと思えば、ほっといてもそれに関連する物を勉強しだす
その勉強をするには、やる気さえあれば読み書きができれば充分である

それまでの時間は心に重点を置いて育児をした方が子供のためであろう
しかし、子供が暖かい家庭を築けるよう育てるのも、勉強が好きになるように育てるのも
どちらも子供の心を育てる問題であると言える
スポンサーサイト

テーマ:育児 - ジャンル:育児

反対派地方議員
杉並区議会議員の松浦芳子先生と直接、電話連絡を取りまして
この松浦芳子先生という方は『人権擁護法案に反対する全国地方議員の会』の代表をしている方なのですが

鳥取に関しては可決した人権条令が施行されるようになるかどうかは3月24日にかかっていると教えてもらえました。


-------------------------------------------------------

産経新聞の平成18年2月25日の新聞には、
「人権条例 無期限停止へ  鳥取県提出」との見出しで
「鳥取県は24日、差別や虐待からの救済を掲げる人権侵害救済条令に対する批判を受け、6月1日と決まっていた施行を無期限に停止する条例案を県議会に提出した。
条例案は3月24日に採決される。可決されれば施行日前に無期限で条例の効力が失われる異例の事態を迎える。」


松浦先生曰く

鳥取県の人権条例が施行されれば国の方の人権擁護法案についても成立に向けて弾みがつく危険性もありましたので、とりあえず安堵しております。

3月24日の採決を見守っていて下さい。
-------------------------------------------------------


そんでもって鳥取県はこの条令に対する反対意見を多く書き込まれていた掲示板を、去年の11月に閉鎖した。という事も教えてもらえました。

国民の叫びをなんだと思ってるんでしょうか
興味が無い人は内容を確認しないので、条令をぱっと見ただけでは「人権救済条令」ですからね

興味が無い人は「人権救済なら良いんじゃない?なんでそんな反対してんの?人権救済は良い事なのに反対する人たちは酷い」となるわけです。





松浦先生は鳥取で施行されるようになれば国会で可決するための弾みがつくだろうという意見でした。

3月24日、鳥取、決戦の日
人権法案が全国に施行されるようになるかどうかの鍵は鳥取かもしれないですね




松浦先生から『人権擁護法案に反対する地方議員の会』の要望書を頂きました。
ここの下部に書き込みました
その人数213名


我々一般国民もこの要望書に出てる名前を知れば
また何か活動できる範囲が広がるのではないでしょうか



今後配布するビラの裏に地方議員だけでなく国会議員でも
反対派議員の名前を入れる許可を頂く、とか




人権擁護、人権救済は素晴らしい事だが
推進派の国会議員、鳥取の議員は、そんなに推進派の人数が多いとも思えないのですが、この法案や条令の中身をちゃんと理解しているのでしょうか




そして松浦先生からこちらをどうぞと紹介されました
http://www.ch-sakura.jp/onlinetv_sakura.php

↑桜チャンネルの『あぶない!?人権擁護法案』


↓こういう物は簡単には頂けない物だと思っていたのですが
松浦先生が思いの他気さくで快くもらえました。

ありがとございます。


-------------------------------------------------

内閣総理大臣 小泉純一郎 様
平成17年7月4日
                  
人権擁護法案に反対する地方議員の会                       代表 杉並区議会議員 松浦芳子

166-0003東京都杉並区高円寺南1-32-6
 TEL・FAX:03-3311-7810


人権擁護法案廃案要望書

私たち人権擁護法案に反対する全国地方議員の会は、「人権擁護法案」に強く反対し、廃案を要望いたします。

人権擁護法案に反対する地方議員  
平成17年7月4日  現在213名



安城市議会議員 木村正範
荒川区議会議員 浅川喜文
荒川区議会議員 小坂英二 
足立区議会議員 新井英臣 
伊勢原市議会議員 国島正富
伊勢原市議会議員 宮坂順一
伊勢原市議会議員 中台和子
伊勢原市議会議員 大川 要
伊勢原市議会議員 延原正樹
印旛郡栄町議会議員 松島一夫
伊勢原市議会議員 添田隆晴 
伊東市議会議員 森 篤 
岩国市議会議員 坂井健正
岩国市議会議員 細見正行 
岩国市議会議員 石本 崇 
岩手県議会議員 高橋雪文
宇部市議会議員 広重市郎 
元内原町議会議員 大関修右 
江戸川区議会議員 斉藤正隆
江戸川区議会議員 田島 進
江戸川区議会議員 高木秀隆
江戸川区議会議員 光山 実
江戸川区議会議員 渡部正明
江戸川区議会議員 須賀清次
江戸川区議会議員 光山 実
江戸川区議会議員 島村和成
海老名市議会議員 太田祐介 
大館市議会議員 佐々木こうじ
岡山県議会議員 波多洋冶
桶川市議会議員 小野克典
桶川市議会議員 内田泰弘
桶川市議会議員 川辺 昭
桶川市議会議員 岡崎高良
小田原市議会議員 加藤仁司
小見川町会議員 細根征夫 
大阪府議会議員 東 徹 
大田区議会議員 犬伏秀一 
尾張旭市議会議員 山下幹雄 
海南市議会議員 矢本おさむ
柏市議会議員 上橋 泉
香取郡小見川町議会議員 細根征夫
香取郡栗源町議会議員 円藤 章
香取郡山田町議会議員 高木 仁
神奈川県議会議員 桐生秀昭
神奈川県議会議員 小林常良
神奈川県議会議員 小島健一
神奈川県議会議員 嶋村 公
神奈川県議会議員 高谷 清
神奈川県議会議員 竹内栄一
神奈川県議会議員 敷田博昭
神奈川県議会議員 磯本桂太郎
鎌倉市議会議員 伊藤玲子
川口市議会議員 稲川和成
川崎市議会議員 三宅隆介
川崎市議会議員 山崎直史
川崎市議会議員 松原成文 
川崎市議会議員 山崎なおふみ 
河内長野市議会議員 木ノ本 寛
河内長野市議会議員 竹田昌史
神崎町議会議員 宝田久元
加古川市議会議員 大矢卓志 
河北町議会議員 丹野君子 
金屋町議会議員 横畑龍彦 
春日市議会議員 古川詳翁 
春日部市議会議員 白土幸仁 
柏原市議会議員 巽 繁 
柏原市議会議員 竹田清一 
柏原市議会議員 寺田悦久 
柏原市議会議員 中野広也 
柏崎市議会議員 三井田孝欧 
岸和田市議会議員 稲田悦治
岸和田市議会議員 岡本冠一
北区議会議員 池田博一
岐阜県議会議員 白橋国弘
京都府議会議員 斎藤 彰
呉市議会議員 岡崎源太郎
群馬県議会議員 荻原康二
久留米市議会議員 梅野忠光 
国立市議会議員 石井伸之 
国立市議会議員 大和祥郎
国立市議会議員 井上 健
国立市議会議員 松嶋寿延
国立市議会議員 石塚陽一
江東区議会議員 星野 博
小平市議会議員 鴨打喜久男
狛江市議会議員 栗山欽行
小牧市議会議員 山下智也
江東区議会議員 豊島成彦 
国分寺市議会議員 木村いさお
群馬県議会議員 長谷川嘉一 
御坊市議会議員 山本清司 
相模原市議会議員 長友よしひろ
佐々町議会議員 小川律男
佐原市議会議員 伊能敏雄
佐原市議会議員 柳田俊秀
狭山市議会議員 田村秀二
佐世保市議会議員 井手吉弘
前相模原市議 本間俊三
周東町議会議員 阿部秀樹
白岡町議会議員 岡重夫 
新宿区議会議員 野頭たけし
新宿区議会議員 下村治生 
新宿区議会議員  吉住健一
塩尻市議会議員 井野兼一 
志木市議会議員 鈴木正人 
渋谷区議会議員 平田よしあき
杉並区議会議員 松浦芳子
逗子市議会議員 毛呂武史
墨田区議会議員 藤崎よしのり
鈴鹿市議会議員 南条雄士 
摂津市議会議員 大澤勝哉
摂津市議会議員 渡辺 慎吾
世田谷区議会議員 上島よしもり
草加市議会議員 石村次郎
台東区議会議員 鈴木 茂
多賀城市議会議員 中村善吉
高槻市儀会議員 三本 登 
立川市議会議員 米村 弘
太子町議会議員 上山隆弘
田原本町会議員 小走善孝 
茅ヶ崎市議会議員 青木浩
茅ヶ崎市議会議員 岩田はるみ
千葉市議会議員 宍倉清蔵
調布市議会議員 宮本かずみ
筑後市議会議員 島 啓三 
東京都議会議員 古賀俊昭
東京都議会議員 田代ひろし
東京都議会議員 土屋たかゆき
豊島区議会議員 村上宇一
豊島区議会議員 吉村辰明
豊島区議会議員 本橋ひろたか
豊島区議会議員 五十嵐みのる
豊島区議会議員 副島 健
豊中市議会議員 喜多正顕
豊中市議会議員 北川悟司
豊前市議会議員 中村勇希
豊島区議会議員 中田兵衛
中野区議会議員 伊藤正信
中野区議会議員 大内しんご
中野区議会議員 篠 国昭
新座市議会議員 中田 勇
西宮市議会議員 中川 經夫
二宮町議会議員 松木義明
新潟市議会議員 佐々木薫 
西尾市議会議員 榊原康三 
練馬区議会議員 柴崎幹男
八王子市議会議員 近藤 充
羽生市議会議員 渡辺勝司
浜北市議会議員 小畑くにお
花巻市議会議員 戸田 努 
秦野市議会議員 宮川住雄
東村山市議会議員 野田 数
日立市議会議員 大和田知裕
広島県議会議員 石橋良三
広島市議会議員 母谷龍彦 
日野市議会議員 渡辺 眞 
日立市議会議員 蛭田三郎
福井市議会議員 大森哲男
藤沢市議会議員 三野由美子
藤沢市議会議員 海老根靖典
藤沢市議会議員 有賀正義
藤沢市議会議員 佐賀和樹
藤沢市議会議員 井手拓也
藤沢市議会議員 河野顕子
藤沢市議会議員 山口幸雄
藤沢市議会議員 保谷秀樹
府中市議会議員 杉村康之
府中市議会議員 高野のりお
府中市議会議員 比留間利蔵
府中町議会議員 梶川三樹夫 
船橋市議会議員 中村みのる
船橋市議会議員 斎藤 守
福岡市議会議員 水城四郎
福岡市議会議員 高山博光 
北海道議会議員 清水誠一
松戸市議会議員 岩堀研嗣
松山市議会議員 土井田 学 
町田市議会議員 新井克尚
町田市議会議員 大西宣也 
舞鶴市議会議員 岡本忠蔵 
三島市議会議員 志村 肇
三島市議会議員 碓井宏政 
三鷹市議会議員 加藤久平
三島市議会議員 鈴木勝彦
三島市議会議員 瀬川元治
三島市議会議員 足立 馨
三島市議会議員 佐藤 晴
三島市議会議員 土屋俊博
三島市議会議員 宮沢正美
三島市議会議員 松田吉嗣
武蔵村山市議会議員 天目石要一郎
武蔵野市議会議員 島崎義司 
目黒区議会議員 橋本欣一
八尾市議会議員 三宅 博
八尾市議会議員 大沢秀史
八尾市議会議員 西川訓文
山形県議会議員 澤渡和郎
山口県議会議員 岡村精一
山添村議会議員 大谷敏治
山田町議会議員 高木 仁
大和市議会議員 国兼晴子
八千市議会議員 西村幸吉 
八千代市議会議員 伊東幹雄 
雄踏町議会議員 新村和弘 
横浜市会議員 飯沢清人
横浜市会議員 小幡正雄
横浜市会議員 坂井 太
横浜市会議員 斉藤達也
横浜市会議員 中山大輔
横浜市会議員 片桐紀子
横浜市会議員 工藤裕一郎 
四街道市議会議員 阿部治夫
三島市議会議員      森  一   




これだけ地方議員も人権法案に反対してるのだから
鳥取に対しても
影響力の強い議員の方々と協力しあって
何かしら働きかける事ができないかなぁ


テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

鳥取・人権条令に関する2chでの書き込み
先日、2chでのこんな書き込み




380名前: KN ◆.E2Y/4Nums 投稿日: 2006/03/10(金) 13:34:47 ID:saNF8TvW
昼飯食ったので「大変なこと」の説明をします。

新聞折込センターから電話があって、明日以降の決別ビラの折込を中止すると言われました。

日本海新聞本社からそういう指示があったそうで、
ついでに今後一切、人権条例に関するヒビラの折込はしてはいけないというお達しもされたそうです。

折込センターの方は私たちに同情的で、「県民の望んでる内容だと思うんですが・・・」と言ってくれたんですが。

どうやら、日本海新聞本社に解放同盟から抗議があったようです。「誹謗中傷が含まれている」とのことでした。

「何処が誹謗中傷なんですか?」と聞いたんですが、折込センターの方は「分からない」とのこと。

まぁ、あくまで広告は商売でやってることですし、街道からは「商売上、不都合が生じる」というような示唆までされたようですから
日本海新聞の折込中止という判断は、まぁ分からないでもないです。

しかし、解放同盟もこんな暴挙に出るとは・・・言論弾圧だな、こりゃ。
とにかく、13万部折込の予定が、46000部を県東部に折り込んだだけで、残りは余ってしまった。

金銭的な補償は、何故か折込センターがするそうです。なんか理不尽な感じがしますが。
金銭的な問題についてはちょっと考えます。

また、余ったビラの処遇ですが、なんとか有効活用できないものか思案中です。
追加の3万部は印刷ストップしましたから大丈夫ですが、54000部ほど余ってしまいました。


折込センターに全部処分してもらえば、印刷代は全部返してもらえるのですが、お金の問題じゃないのです。

もとより、お金を余らせるつもりなど毛頭ないのです。なんとか有効活用したいものです。
なんとか鳥取県民の方に読んでいただきたい。せっかく作ったのだから、そうしたいのです。
何かいいアイデアがあれば提案してください。









↑の書き込みに対して日本海新聞に問い合わせてみた


人権条令という単語を出すと担当の者が居ないので折り返し電話をかけると言われた。

電話を切って数分で
Sと名乗る人から電話が来た
声を聞く限りでは中年かそれ以上といった印象





「開放同盟からの圧力や連絡などがあった?ビラの内容、表現に問題があったため、ビラ折り込みの中止を求めた?」

Sさん
「開放同盟からの圧力どころか連絡も一切無かった、センターにビラの折り込みを中止するように求めたというわけではない」



「折り込みセンターへ配布の中止を求めたかどうか」 

Sさん
「日本海新聞と折り込みセンターの話し合いで中止 」




「開放同盟では無くどこかしらからの連絡で配布を中止したのか」

Sさん
「そういった連絡はない」



「46000部を県東部を配布したとあるが、表現に問題があったなら何故初めから止めなかったのか」

Sさん
「それまで気付かなかった」



「そのビラの表現に問題があると判断したのは誰か」

Sさん
「センターと日本海新聞で話し合いでの判断した」


「この書き込みに対して名誉毀損などの法的な手段に出るのか」

Sさん
「なんだか色々喋ってたがそれ以前の問題と言われたが真意はわからん」

Sさんは

法案に意見を訴えるもの、というものは何も問題が無いのだけど
特定の人間や団体に迷惑のかかる内容や表現があったので、折り込みセンターとの話し合いで中止する事になった。

と言っていた。


ビラの文章を確認したかったため
それがどんなビラなのか、見せて欲しいというと「見に来るなら見せなくもない」という言い振り
「行くというか、携帯のカメラとかデジタルカメラを持ってる人は居ないんですかね?」と聞くと頑なに「見に来るなら見せてやる」と言われた


日本海新聞、Sさん




41981d00e8718af01.jpg

96c5559c4f9818931.jpg




その問題のビラはこれだそうです(裏・表かな?)



赤く線を引いた部分がすぐ目に付いたのですが
ちょっとまずいかなぁ
こういうところはすぐに突付いてくるだろうなぁ
なんて思ってしまったのは僕だけでしょうか


ビラに書かれた団体は差別を利用して利権をむさぼるというのが大儀名文の団体ではないだろうから

鳥取東部に配布された4.6000枚が団体関係者の手に渡り
それが団体に報告されて

「差別利権団体だと?そんな酷い表現をされているのか、ではそれを逆手にとってしまえ」

という事で日本海新聞に
「団体に対して差別利権団体などという誹謗中傷があった!なんとかせい!」


という連絡が入ったのかなぁ
なんて勝手に推測しています

テーマ:人権擁護法案 - ジャンル:政治・経済

武部・送金メール捏造事件
メール捏造事件

この問題をメディアから提供される情報でしか判断できない我々一般国民はどう見るべきなのだろうか

送金の事実がまったく無いのであれば永田議員はどうしようも無いほどの馬鹿丸出し議員である
しかし、仮にも国会議員になるほどの人間が全て完全なでっちあげで他の国会議員を陥れるような真似をするだろうか

そんな事をすれば当然責任問題となり自己の発言の真意を疑われ国民からの信頼を無くし無意味に切腹をするようなものであろう、簡単に身を滅ぼす結果となるのは目に見えている。

完全なでっちあげで国会議員を陥れる事ができると考えるほど馬鹿だとも思えない



国会議員に対して

「おまえは殺人を犯した!」

と言ってCGで修正した画像を「これが証拠だ!」とちらつかせて逮捕しようとしてるような物だ



では何故こんな愚行を犯したのだろうか

金の送金の事実はあるのだろう、何かでその事実は確認したのだろう

しかしそれを証明するものがない
またはその事実を証明するものを出すと自分達の立場も悪くなる
だが何かしらでその送金の事実を確認した。

証拠を出せば武部は叩ける、だが自分達の立場も悪くなる

その時、証拠はどうでもよく送金の事実だけを世間に晒し上げれば良いと考えたのではないだろうか


一度疑惑が浮上すれば無実を証明しない限り疑惑は疑惑のまま残る

「なーんだ、メールは捏造だったのか、じゃあ無実じゃん」

という答えに直結させるにはまだ早い


武部がまったくの無実なら、どれほど調べられようが武部は痛くも痒くも無いはず
しかし武部は「そんなメールは捏造だ」という理由で正式に武部の講座などを調べる事を拒否していた。

そして、これ以上の武部追及は止めろと民主党内部からもブレーキがかかったのだろう
徹底抗戦して敗北すればそれこそ民主党は崩れ、自民の一党独裁となる、かもしれない
または、この送金問題関連で民主党内部にも痛い腹を抱える者が居る、などなど

永田にブレーキをかける原因はそれぞれの想像力に任せるしかないが
あの煮え切らない永田の記者会見の裏にはそこらへんの事情があるのだろう、と日ごろエロ本で鍛え上げた俺の妄想力は言っている

そう考えると送金の事実よりも本人にとってもっとマズイ事実まで出てきそうなものなのだが
政治家というのは金に対して外見的には過剰なまでに潔癖でなければいけない立場にある人間だと言えるだろう

怪しい金を受け取れば、それは立場を悪用した国民を裏切った行為、と直結する解釈をする人も多いだろう
少なくとも怪しい入金があった事実があればイメージは下がり選挙に響く
これだけは確かだろう

ここまで大騒ぎされにも関わらず正式に自分を洗いざらい透明にしないというのは
必ず何かあるだろう、僕は送金事件に関してはこう見ている


と、頭の悪い僕はこう思うのですが如何でございましょうか?

テーマ:ライブドア問題 - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。