気侭に
日ごろ考えている事、想った事などを気侭に書いて行こうかなと思います
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国
偶然発見したチベット弾圧動画


中国がチベットを武力制圧している動画
中国に靖国を非難する資格なんか無いと思う
http://www.youtube.com/watch?v=v3TqvUZSPi8&search=tibet


ついでに中国による東トルキスタン弾圧フラッシュ
http://fileman.n1e.jp/?mnu=fileshow&ft=1&fid=1135780802&cate=&fuid=1135780802&act=ST
このページのちょっと下の方



東トルキスタンについて
http://saveeastturk.org/jp/top_jp.html


社会実情データによると中国はここ15年前後でずいぶん軍事力を伸ばし
軍事力となる人員は米国をとっくに抜いて世界一位となっている
石原都知事は今の米国では中国の軍隊には勝てないと以前公言していた記憶がある
それはちょっと酷評だと思うが間違いとも感じない







民主化を求めデモを行った人々を無差別虐殺した天安門事件
言論統制を行っている中国国内で、天安門事件のような政府にとって都合の悪い情報は中国国内からのインターネット検索では検出されない
このネットでの言論統制に関してはヤフー、グーグル、マイクロソフトも中国国内の言論統制に加担して「中国の手先になるのか?」と非難を浴びたが「現地法には従わざるを得ない」と答えた、ただしこれは米中関係を見れば戦略のようにも感じる

米国IT企業のトップ連中がメディアでさらし者にされ米国内で話題になったそうだが、中国の影響力が強い日本ではあまり知られていない
日本の報道の自由も世界ランクで見れば40位を超えているほど自由では無い


この中国国内の言論統制を行っているのは中国共産党中央宣伝部で、インターネットどころかテレビ、新聞、出版まで中央宣伝部の統制下で常時監視されている
社長や編集局長というのは党の高級幹部から任命され、公務員という形になり、社内の上層部から現場の記者まで週に1回、中央宣伝部に集められ、事件を報道する可否の許可を得るという

SARSが中国で発生した事を積極的に報道した会社のトップ3名が逮捕され、社員500人がこの逮捕に講義行動を行い1人は保釈されたが残り2名はいまだ収監されたままらしい

そういった反政府的な活動、国にとって都合の悪い活動で逮捕された者は労働改造という名目で強制労働を強いられ、再教育を受ける
強制労働を課されている者は2004年当時、刑事犯など含め35万人と見られている

中国当局は政治上、若しくは宗教上の理由で弾圧された政治犯の存在を否定しているらしい
政治的、宗教的な理由で強制労働を強いられている者は数万人と見られ中国政府による法論功の弾圧は有名である


法論功のジャーナリストが公の場で胡錦涛を目の前に糾弾
http://www.youtube.com/watch?v=x_fFkxkWSO0&search=jintao


法論功とは【精神的気功法学習活動団体】らしい
中国で生まれ、世界中に団員を持ち今も増えているそうだが
国内で増えすぎた事に政府は脅威を感じ「邪教」として全面禁止に

中国には610オフィスという組織があり、この610オフィスは法論功を弾圧するためだけに作られた組織と言われている
法論功弾圧の全権を任され、610オフィスの活動には法的制約は無く、弾圧のためなら殺害もするという

黙秘権も無く最長で5ヶ月取り調べをされ拷問による自白の強要など当たり前に行われてるそうで、世界の死刑の9割が中国の死刑だという見方もあるようです。

ちなみに台湾が独立したら中国と米国は戦争になるという見方もされているそうです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060512-00000011-san-int


中国の寿命もそれほど長いわけじゃなさそうだと感じます






独裁者ランキング
中国は4位


1位 バシール・スーダン大統領(宗教・人種摩擦で7万人余を大量虐殺)
2位 金正日総書記(人権・自由弾圧、反体制25万人を監禁・公開処刑)
3位 ミャンマー軍事政権タン・シュエ議長(民主化デモに参加した市民を虐殺)
4位 胡錦涛・中国国家主席(メディア統制、インターネット監視、30万人強制収用)
5位 サウジアラビア・アブドラ皇太子(絶対王政体制で民主化運動弾圧)
6位 リビア・カダフィ大佐(36年間政権維持し人権・自由抑圧)
7位 ムシャラフ・パキスタン大統領(核技術流出ほう助、民主化弾圧)
8位 ニヤゾフ・トルクメニスタン大統領(救世主を自称し独裁)
9位 ムガベ・ジンバブエ大統領(メディア、民主化弾圧、超豪華生活)
10位 ヌゲマ・ギニア大統領(人権、民主化弾圧、世襲権力推進)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。