気侭に
日ごろ考えている事、想った事などを気侭に書いて行こうかなと思います
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発展途上国と先進国
子供を標的とした凶悪犯罪が増えています。

今後も減る事無く増えるだろうと僕は予想しています。

日本は発展しました。

先進国は心の病気の人たちが多いです。

僕はこう推測しています



先進国は物が溢れている

生活に必要な物はみんな自分で持っている

発展途上国は物が無い

みんな工夫して生活しつつ助け合いつつ足りない物を補い合いながら生活する

よって発展途上国は集団、人と関わる時間が多い、自分の持つ常識は集団の中で育ち形成され固まっていくため集団でも通用する一般的な常識が身に付く




先進国は集団の中に混じって助け合う必要が発展途上国よりも少ない

生活するのに必要な物はほとんどの人がそれぞれ持っていて、個人的な経済的問題などなどによって生活する上で必要な物を持つ事ができず、それを近くの他人に借りるなどの行為は恥ずかしいとさえ感じる


生活に必要な物は簡単に手に入れられる環境にあるため
それが無いというのは当人に何か問題があると思われる
自分がうっかりとして足りない物があったとしてもそれは自分のミスで自分の責任、他人に助けを求めて迷惑をかけるわけにはいかないという考え方が恐らく強い
生活に必要な物が無くて近い他人を頼ったら、人によっては「あの人は一体・・・」的な目で見られたりもするだろう


発展途上国はみんなそれぞれ何かしら足りない物があったりするので助け合い易い環境にあると考える事ができる


こう考えれば先進国は助け合いの精神が育ち難い
途上国は生活に必要な助け合いの精神から相手への思いやりなどなどの心の豊かさ的な気持ちも強く成長できそうだとも思える


ともかく先進国は基本的にみんな個人、家族単位で単独でも生きる事はできる、生活に足りない物はすぐに買える環境にある

単独で生きる事ができるのにあえて疲れる他人との集団の中に身を置く人はそれほど多くは無いと予想できる

おすそ分け、なんていう言葉も聞かなくなった気がする。

同じマンションに住んでいる人を顔しか知らない、名前もどういう人かも知らない

助け合う必要が無ければ、どういう人間かもわからない人とあえて関わる理由は無い

下手に関わると思いがけないトラブルに巻き込まれる可能性もある

そもそも人間関係にトラブルは付き物だし

その人が自分と気が合って、話していると楽しいというのはある程度会話を重ねないとわからない





よって先進国はじわじわと人間関係を学ぶ機会が減っていく

今後コンピュータが発達して買い物はもちろん、仕事や学業、趣味なども家でできる事が増えていき、さらに人と直接接する機会は減るだろう、意識していれば個人的に人と直接接するチャンスを増やす事はできるだろうが、便利な物を求めて無意識に生活していたらどんどん知らない人間と新たに接する機会は減っていくと予想できる





人と接する機会が無くなれば集団の中で生きるにあたって必要な常識を身につける機会も当然減っていく、自分の行為や思考がおかしくても集団の中に居なければそれをおかしいと指摘する者が居ない

よって自分の変な癖やおかしい思考があったとしても気付かない

積極的に人間関係を作り上げようとする人たちは
おそらく今後はコンピュータを介した人間関係の新しい常識の形が形成されていく事になると予想できる





恋愛に関して、好きな相手が自分以外の誰かと結ばれたらショックを受けるものだと思います。
しかしこれは人間なら誰でも経験する事で、残念ではあるが、自分がその後恋愛して一生付き添う相手を見つけて一緒になる上で、必要な経験であると思います。

自分がそういったショックを受けるくらいなら相手を縛り付けて置く 
自分が孤独感に襲われるくらいなら相手を縛り付けて傍に置く

なんてアホな思考だと長続きしませんし

だけど他人や相手の気持ちを考える習慣があまり無い人は、相手や周りの気持ちを気遣う事をせずに
自分の感情のままに行動する場合が増えるはずです


集団の中に居れば
変な異性と一緒に居たり、やばい趣味してたら

「おまえあんな女が好きなの?物好きだな~」

「おまえそれはヤバイよ!!」

とか言われたりするわけなので危機感を感じたりおかしいのかと気付いたりするわけです。


人には色々な都合があるので度合いはあるかと思いますが、いちいち焼きもちや孤独を感じる度に相手を過剰に縛り付けていたら、本来一緒に居られるもんも一緒に居られなくなります。



集団の中に居る機会が多ければ、人の気持ちを考える機会が多く、他人からの視点で物を考える習慣が身に付きます。
集団の中に居なければ、他人や相手からの視点で物事を考える機会が当然あまりありません。

後者はつまり、人の気持ちを考える機会が無く、人の気持ちを考える習慣が付きにくくある状況と解釈できると思います。






-----------------------------------------------------

人間関係を積極的に築こうとする人はコンピュータを介してした人間関係だとしても比較的安全だとは思いますが

集団の生活とはどんな形にせよ、自分がおかしくならないある程度の人間関係を保った生活環境と考えて


集団の中に居る必要がどんどん減っているため、集団の中に居ないから自分のおかしい趣味や思考を指摘してもらう事ができず、個人的な思い込みを止める機会も無い


集団の生活で身に付いた常識ではなく
個人的に思い込む常識が体に染み付く


その結果、そのおかしい趣味や思考、思い込みを直す機会が無い

人の気持ちを考える機会が減るので人の気持ちを考えるという基本的な習慣が身に付かない

集団の中に居ないから恋愛する機会も当然少ない
(お手軽にできて自分が傷つく事も無い、ゲームやアニメなどに対する擬似恋愛をする機会は多そうですが・・・)


恋愛に対するショックの免疫が身に付かないため、通常の恋愛をするのに対して恐怖感が強い

免疫の無い種類のショックを受けると感情むき出しで逆上し易くなる

集団の中に居ないため自分勝手に自分の趣味や好みの情報だけを集めて見ていても誰も文句を言わない







そんなわけで
今の日本や先進国はこんな状況にどんどん近づいているように感じるわけです。




危ない人が増えそうな臭いがぷんぷんします

なので子供を標的とした事件は増えそうだと予想できます

人間てあえて困難に挑もうとしなければ楽な道へ流れて行っちゃうしね

何を楽だと思うかは、個人の価値観や考え方によるので人それぞれですが・・・




国が発展するという事は、物に溢れて心が貧しくなるという事かもしれないですね


まさにおっぱいです

きょぬ~です
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
【プロゲステロンダイエット】
プロゲステロンは女性ホルモンのひとつで「黄体ホルモン」とも呼ばれています http://hazy.sabellsenterprises.com/
2008/11/10(月) 03:22:33 | URL | #-[ 編集]
バスケットSLAM DUNK
バスケットの検索サイト。バスケットシューズ、ミニバスケット、高校、女子、ルールなどバスケットに関する各種情報をお届けしています。 http://kirakira.santamonicatravelodge.com/
2008/11/29(土) 13:20:38 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。