気侭に
日ごろ考えている事、想った事などを気侭に書いて行こうかなと思います
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
許せる人
先日こんな話をした

自分には過去に恋愛した相手で未だに許せない人間が居る
相手にずいぶん浮気を繰り返されて、ずっとそれに耐えていたが、孤独感や辛さ、悔しさからとうとう自分も浮気をしてしまったと、そして泥沼にハマリ別れたそうなのだが、その相手を未だに許す事ができないと言っていた。

実は僕も同棲していた彼女がこっそり男を作っていて、ある日それを打ち明けられ別れを告げられた
という過去がある

当然許せない気持ちが強く、孤独感や怨む気持ちもすごくあった
しかし、どうあがいてもその事実が無かった事にはならない限り
どんなに許さなくても、どんな酷い仕返しをしてもむなしいだけだという事も理解していた。
これは誰でも同じくわかり切っているだろう

どれだけ怨んでも相手は帰って来ないし浮気も無かった事にはならない



本人が一番求めているのは、浮気問題などを起こさず何事も無くその相手との付き合いを続けたかった。というのが一番の望みであるわけだから

その望みが叶わなくなった時、何をどれだけ怨んでも気は済まないだろう



怨んでいると辛いのは自分、例え別れた原因が浮気だとしてもどんな別れ方をしても相手が100%悪いという事はありえないと思っているので、ずっと好きだった人を別れたからと、その後、その彼氏を他で悪く言うのは自分の品格を落とすような行為に思えてちょっとどうかと思う


つまり、無条件で許す事が精神面で一番楽だという結論になる



口で「許した」と言ったとしても

悔しい許せない辛い怨めしい、という気持ちがあれば本心から許した事にはならないと俺は思う

口で許したというのは簡単だが
許せないという気持ち100%を一瞬で消せたりはしないので苦労と苦痛が伴う
どう考えたら本心から許す事ができるか、自分の中でその現実を色々な解釈に変換しながら、許せない気持ちが減って行ったり忘れていったりするのだと思う


自分が相手を満足させてあげる事ができていたら、相手は浮気などするはずが無い
相手を自分に夢中にさせ続ける事ができなかった自分にも多少の非がある
誰か一人に恐ろしいほど夢中だ、という人間は恐らく余所見はしないだろうと思う
自分に夢中にさせ続ける努力が甘かったのではないだろうかと

まあ、ここは理想論で奇麗事なのだが、筋道、理屈には合っているはずだと俺は思う




そうは言っても、浮気に関しては天秤にかければ相手の方が断然悪いだろうと思うが
どちらがより悪いかなんて問題は、もう別れちゃったのでどうでも良い
自分の悪かった部分をしっかり把握して、最終的に生涯を共にする人を大事にするための、これは練習なのだと


こういう事に気付き、考え、最終的に生涯を共にする、最終的に恋愛対象として最も大事になるであろう将来の人を、しっかり大事にするためには必要な経験を、自分は今回の件で経験させてもらい、考える機会をもらったのだ、と



理屈が通ってない解釈で相手を許そうとしても理屈が通ってないので納得ができない、つまり許せない


理屈が通っていれば、許せない気持ちや怨む気持ちがだんだん消滅していき
こう考える事で少しづつ気が紛れ、時間と共にだんだん本心から今回の件を許せる人間になれる


これがつまり成長であって、その後の生涯を共にする大事な人を許せる許容範囲を広げておきたいし後ろ向きにずっと過去の人間を怨み続けるよりよほど前向きで


怨んでいる自分より人間的な魅力も増して行き、怨んでいる自分より明るく生きる事ができて、怨んでいる自分よりその分良い男も寄って来るんじゃねーか?

多少この理屈に無理があっても
結果的に、総合的に、こう考えてるのが一番楽なのではないかな



と俺は足りない頭で思う




「おまえが浮気なんて他人に後ろ指指されるような事を好き好んでするはずが無い事は俺はよく知っている、おまえが浮気なんかしたのは少なくともおまえを満足させる事ができなかった俺にも責任がある、済まなかったな、今まで色々勉強になった。ありがとう」




こういう事言うのが相手に後々の後悔を誘う一番効き目ある仕返しなんじゃねーかな?w
なんて思うwwww
くせーけどwwwwww




許せる人間になりたいものです

テーマ:◆大人の恋愛◆ - ジャンル:恋愛

常識の範囲内
常識とは何か

前回の日記で言う常識の範囲内とは








常識とは青年期までに積み重ねられた偏見の塊である

----byアインシュタイン







どういう事かというと

日本では日本の常識がある

日本の国土では日本語を話すのが常識

日本の国土での通話がスペイン語が主流だったら俺は困る

日本では日本語を話す人が圧倒的に多い

単純にそういう理由で日本では日本語を話すのが常識である




多数決にも影響する




アフリカの裸で暮らす民族の社会では裸で居るのが常識である

当然、その社会では裸で居る人が多い

それが、そこでは常識

裸でうろつくのは日本では違法、非常識だ






悪い事をしたら謝るのが当たり前だ


「ごめんなさい」という単語が無い言語があるのは何故だ?

「ごめんない」という言葉を持つ我々から見たら非常識なのだろう

だけど「ごめんなさい」という言葉の無いその地域ではそれが長年にわたる常識だ













つまり、常識は社会によって異なる


という事は育った環境、つまり細分化された家庭という範囲内の常識も存在する

よって、育った環境に寄って日本の国内でも常識非常識が判断されるが、それも多数決による




歴史、時代でも常識は異なる


極端な事を言えば

俺の家は火打石は使わないし、どんな失敗をしても切腹はしない

着物も着ない、大昔では見た事も無いものを着ている




世界各国で共通語とされる英語は、極東の地、日本ではほとんど通じない

世界の多数で常識とされる言葉が日本では通じない

世界規模でみたらとんだ非常識な国家かもしれない

でも日本から見たら、日本人から見たら日本でも英語で押し通そうなんて思ってる奴なんか非常識だ


見る視点から常識は変わる



細かいところでは国内でも多い

うちではこれが常識だ!!!!!!!!


と言われ戸惑う新妻

そんなもん自分にとっては常識では無い事が多い

午前2時に毎日飯食ってる家で「うちではこれが常識だ!」

と言われればその人にとっては常識になる

その家庭で育った奴にはそれは常識かもしれないが

普通に考えたらちょっと遅すぎるだろう




育った環境で常識は異なる






こんなん常識なんかいくらでも解釈ができる


常識なんて元々あやふやなもの

それが当然と思ってる奴にとっては当然なだけ

だけどそれを当然と思わない奴も多く居る



常識の範囲内で執行される人権擁護法案

いかがなもんでしょうか

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

衆議院第二議員会館へ
ぶっちゃけややこしいので
興味の無い方は飛ばしていただいて結構です


人権擁護法案の件でI議員事務所に質問メールと電話をいくつか送っていたら
変な答えしやがったらおまえらの名前出して2chに公表するけど良いよな?政治のプロだろ?問題ないよな?という感じだったんですが
直接事務所に着て議論・意見交換をしないか?と言われたので

国会衆議院第二議員会館のI議員事務所へ行ってきました。
ちなみに杉村泰蔵事務所にも何度も電話したけどばっくれてました。


この法案に関して、もし可決され、執行された場合
色々な危険性、それもただの危険性では無く、国家を揺るがすほどの危険性だと俺個人は解釈していた


この度公明党、I議員事務所に実際に突撃してみて、文字で色々な事を想像してみるのと、実際に話しを聞いて想像してみるのではかなりのギャップを感じた。


I事務所秘書の解釈はこうだ

たしかに色々言われている危険性はある
だが、それを行ったらどうなるか、この法案を可決させた人間たちが国民全員に叩かれる事になる、民主国家なそんな馬鹿な真似をすれば、あっという間に身を滅ぼす結果となる
そんな事をわざわざするわけが無い

この法案に関しては、先日裁判沙汰になり新聞でも取り沙汰された「侮辱罪」のような、ネットでかなりの数が横行しているようなに対しても常識の範囲内で発動する法律を考えて欲しい

ネット上での侮辱行為は数え切れないほどあるが
発動されるのは常識の範囲内で考えられ、侮辱罪が適用された例はほとんど無い、ネット上の侮辱行為全てにこの侮辱罪を発動させたら大変な事になる


それと同じように常識の範囲外でこの人権法案を発動させれば、それはすなわち可決させた人々の身を滅ぼす結果となる事は目に見えている
そんな馬鹿な無茶をするはずが無い



侮辱罪というのは公然の場で他人を侮辱すると適用される法律で、確か一年以下の懲役、または科料、という罰則が待っている。

ネットでは特に他人を侮辱するという機会は多いが
ほとんどこの法律が発動された事は無く、発動されたら新聞の記事になるほど稀なケースだ

だがネット上というのは公共性が強く、当然公然の場となり
罰される対象になる


俺は自分の想像していた危険性に対する疑問を当ててみたが
「そんなのは小中学生が想像する馬鹿らしい妄想だ」

と言われた。

正直、馬鹿にされたような扱い、物言いだった。



ところがこの侮辱罪というのは悪用がし難いものである
悪くて1年以下の懲役か、または科料(でしたっけ?)

人権法案は懲罰に加えて「人権侵害者、差別者」という汚名を世間に公表され、家宅捜査までされ、もし冤罪だったとしても「ごめんなさい、間違いでした」とは発表されない

侮辱罪と人権法案では違いが有りすぎる

侮辱されたくらいでいちいち告発や告訴をする奴は、よほどの酷い事例でなければ、やはりちょっとどうかと思う
過敏に何でもかんでも「訴えてやる!」と騒ぎ立てる人というのは、一時期話題になった騒音おばさんのように、人格を疑われる事にも成りかねない



つまり、侮辱罪が発動しないのは
侮辱罪が今まで発動された事がほとんど無いのは
日本国民が常識的だから、ちょっとの事で訴えないというだけだろう


人権法案は悪用ができるから
その分訴える人間が多く、発動される機会は多いだろうと推測できる


人権法案と侮辱罪を一緒に考えられては困る



反対派の率先議員、城内議員などは同じような解釈をしている人もいるのだけどな
治安維持法だって当初は100%国民のためという法律であっただろう

だがあの結果だ




I議員事務所の見解は


人権擁護というのは被害者が居る限り必要だ
今現在は法案の差別という定義の曖昧さが目立つ

ただ、我々の立場はそういう悪用される危険性、つまり次回提出される法案の内容によって、その法案を推進するか、反対するかを決める


というような有り難い返事を頂いた。


人権法案の内容だ?
そんなもん廃案になっても何度先送りになっても中身を変えないでいかに通すかしか考えてないだろ!
と言いたかったのですが。。。

廃案になっても先送りになっても、奴らは中身を変えないんです。
法案の中身を変えず、人事でどうにか通そうとしているわけです。


反対派の議員たちはそういった悪用されかねない微々たる可能性を懸念しているわけで
そういう悪意に満ちた使い方をされる可能性は0とは言えず、あるのだから「そんな事は無い」と言いつつそれを行う可能性だって否定は仕切れない

もし可決されて、この法案を悪用される事が絶対に一件も無い
とは言えないだろう


という事で反対している


結果的に


可能性はある、この条文はそういう風に解釈もできる
人権委員に関しても権力は強すぎるかもしれない
皆さんが恐れているような権力の使い方は、条文の解釈ではできるかもしれない
だけど、常識的に考えて
おまえそんな事があると思うか?
馬鹿じゃないか?
右翼系の人間に先導され拡大解釈されているという事も考えて欲しい

という意見を頂いたわけであります



例えばジェンダー、例えば創価、例えば同和団体

日本には3ソウと呼ばれる政治的圧力団体があります。
創価、朝鮮総連などなどです。
この法案は、そういう団体の影響が及んでいると推測するのは簡単で
この法案で組織される、物凄く強い権力を持った人権委員という立場を
その圧力団体が狙っているわけです。

日本に2万人配置される人権委員
その立場を確保できれば、圧力団体は商行為や実生活で「人権侵害」という盾を持って周囲に威圧できるわけです。
ちょっとでも腹の立つの事を言われれば、ちょっとでも納得の行かない事をされれば、たちまち自分の団体の人権委員に訴えて、「人権侵害容疑者」の汚名を着せて世間に公表し、家宅捜査まで出切る


というものです。


社名は忘れたけど、そういう疑いをかけられて倒産した会社も実際にあるそうです。
「おまえ変に断ってみろ、人権侵害で訴えるぞ」
という事が会社間の商行為ではびこるわけですから
賄賂も会社間、民間問わず横行する事になります。



できるだけわかり易く書きたいため
現在俺は酔ってるので恐らく追加して書き足すと思います




ちなみに、俺が以前解説したこの法案に守られる事となる「信条」つまり僕は宗教だと解釈したわけだが
宗教がこの法案に守られるかどうかは、うま~く
すごくうま~~~~く、流されました

宗教?入るのかな~?僕ちゃんわからないな~?


という感じでした

わからないわけないだろ


つまり
公明党の I議員秘書は

「そういう馬鹿な真似は可能かもしれない、だけどそれをしたら大変な事になる、そんな事をするはずが無い」

という解釈だ





国の権力というのは3大権力

3権分立で成り立ち、お互いの暴走を止めている

立法→司法→行政→立法

確かこうだったよね?違うっけ?



というじゃんけんと同じ図式でお互いをけん制、お互いが暴走しないように見張っているわけである

人権委員に関してはこの図式の外に存在する事になる


果たしてこの権力が常識というあやふやなもので抑制ができるのだろうか




テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

幸せ色々・恋愛色々
人の脳みそは同じ刺激を受け続けるとその刺激に対して鈍感になり、反応しなくなったりする
これを脳のモノトーン効果というらしいが、特定の多幸感に対してもこれは起こる

好物を3食連続で食えば好物にも関わらず嫌になり他のもんが食いたくなる
付き合い始めなど「一緒に居るだけで幸せ」と多幸感に包まれている時は些細な欠点は特に気にもせずフォローしてやれるが、時間がたつにつれ相手の些細な欠点も許せなくなってくる

普段と同じ事をしていてはその相手と一緒に居るだけでは中々多幸感を感じられなくなる
つまり、その相手に対する慣れや冷め

好物は連続して食うと「もうとうぶんいいや」という気分になるが、一定時間たつとまた食いたくなる
好きで始めた趣味もそれをやりすぎると飽きたり嫌になる
楽しいと感じていたゲームや漫画など典型だと思う
それも一定期間たつと同じ事や物語でもまたやってみたくなる事も多い

特定のものに対して飽きる事無く永遠と楽しいと感じる事は不可能では無いがそれに近く
多少時間をかければやり尽くしてしまえるような事に対してはほとんど例外無く飽きは生じる
(変化の激しい事やいくら探求してもし尽くせないような事に関しては飽きるかどうかは人にもよると思うが)

米やパンなど毎日食っても美味いと感じるものは久々に食った時の方が美味いと感じるはずであろうと推測できる



つまり恋愛の好きという感情に対しても、冷め、つまり飽きは生じるのが自然であって当然の事であり、相手が手に入ってしょっちゅう会ったり話したりしてれば脳は多幸感をいちいち反応しなくなっていくから
一緒に居るだけで幸せと言っていた人間がその相手の愚痴を言い出すのは
一緒に居るだけではだんだん多幸感を感じられなくなら、その分冷静に目に付く事も増えてきて
好きという感情が鈍くなってきているため相手の存在の有り難味を忘れ易くなった状態であるからと推測できる

片思いというのは飢えた状態であるから対象が手に入らないと満たされない為飽きる事は無い

また食い物で例えると
豆腐つっても湯豆腐、冷奴、麻婆豆腐と工夫したり1,2食抜いてみるとかしてれば中々飽きないから
好きという感情を維持し続ける努力をしつつ、お互い様であるから欠点を許せるように心がけて
届いてない幸せを求めることばかりではなく、飽きたからって身の回りにある幸せを忘れないで気付く事を考えて大事にしないと、求めてばっかいたら必ず冷めて飽きるものなのだから、きりが無いなぁと

僕はぽけ~~っと思いました。

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

人権擁護法案にささやかな反攻
公明党のとある議員事務所に電話をかけた





秘書っぽい人が出たので人権擁護法案について色々話した






最後にこれを言った












人権擁護法案で・・・・・・・・・・・・・






























ちゃねらーの人権も守ってくれよwwww
























表現は↑のようにふざけては居ないがこういう事



人権擁護法案 推進派議員たちにこのような文章↓を送りまくろうと思う

半分本気でww


この法案で保護される信条が指す宗教は保護されるようですが

インターネットの巨大掲示板2chを利用する人たちは、広島に千羽鶴を送ったり、アフガニスタンに立てる小学校の建設費用を集めたりと人道的活動をしているにも関わらず

毎日人口の1%が利用すれば中には悪質な人間が居ても当然なのに
一部の利用者が悪質というだけで2ch利用者全員が悪いというような報道をされたり差別的発言を受けています

それぞれ個人は一般の国民と何も変わらないにも関わらず差別的な発言をされたり
発言による精神的虐待を受けたりしているので

今後コンピュータ社会が発達するにつれ特定のサイトを利用しているからと差別的発言を受けたり
言葉による精神的虐待をしたり悪い印象ばかりをメディアが報道するなどは不当な差別に当たると解釈ができるはずです

今後提出される人権擁護法案に我々2ch利用者も擁護されるような構成要件を是非作成してほしいと思います

毎日人口の1%が利用するサイトであるにも関わらず、利用者たちは2chを利用している事を自分から進んで言うどころか、周囲の人間に打ち明ける事に抵抗を感じている人も少なくはありません
毎日人口の1%が利用しているサイトの利用者だけあって惨めな思いをしてる人も多いはず

こういうコンピュータを利用する人間の人権を政府が無視するなら
日本の今後のコンピュータ社会は将来明るいとは言えないと思います





○○先生がもし、人権擁護法案を推進する立場にあるのなら

宗教もこの2ch利用者も、精神的な依存をしただけで差別の対象となっているという事実は同じでありますから、一部の差別を受ける人たちだけではなく
日本にあるできるだけ多くの差別を無くすよう働きかけていただきたいと思います

是非、2ch利用者に不当な差別をしないという構成要件を人権擁護法案に組み込むよう努力すると約束して欲しいと思います












どうもこれは後ろに草加が居る匂いがぷんぷんするのでそれはつまり公明党が絡んでいると

そうなる場合この法案がどれだけ危険な物かを説明してもあまり意味が無いかもしれない

この法案はネット上の嘘か真実かもわからない情報が飛び交う事を規制しようという法律でもあるので

ある意味2ch潰し法案とも受け取れるのですが

それを知りつつ

この法案で言う差別というのは明確が定義が成されてなくて非常にあやふやであるためこういう解釈も充分に可能であるはずだ

この法案は穴だらけだ

未完成で不十分で一部の人間の立場強化にしかならないと偏っている

こんな法案いくらゾンビの用に復活してもそう簡単に決めたらとんでもない事になるぞ

という事を知って欲しいわけです


宗教関係者がこの法案で擁護されるのなら、この法案で潰そうとしているさまざまな情報が飛び交う代表格のHPである2ch利用者をも、色々な偏見を受けているのだから擁護するように構成要件を組み込んでくれよ、と







本人居なかったので返事待ち

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。